読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tabun:Dabun

オタク系コンテンツの話題が多くなると思います

【CD感想】上田麗奈/RefRain

www.youtube.com

 

 プリパラでの、ジュルル、ジュリィ、あじみ先生(赤子、女神、語尾)の演じ分けからも、ただものではない感じはしていた上田麗奈さん。そのデビューミニアルバムが発売された。

 既にキャラクターソングは数多く歌ってきた彼女だったが、歌においてもそのキャラに忠実である結果、ともすれば没個性になっていた事もあったように思う。

 しかし今回のアルバムではその歌唱力と世界観が存分に発揮されている。

 

 一聴して感じるのはアルバムとしての統一感、完成度の高さだ。

 複数人の作曲家による曲提供となっているが、各曲ともバラバラにならず、アルバム全体としてしっかり統一感のある仕上がりとなっている。

 共作という形ではあるが、上田麗奈さん本人が全曲の作詞に関わっているようで、結果的にアルバム全体の世界観の統一につながっているように思う。

 彼女自身の能力もさることながら、ディレクターを始めとしたスタッフ陣の素晴らしい仕事が本作の完成度を高めている。

 

 演者として、今までキャラクターという仮面の中に隠れていた彼女自身の豊かな世界観を感じられる良作だ。

 そしてM-5「車庫の少女」では、まだ何か隠し持っているような、あふれてこぼれてしまいそうなエネルギーを感じる。

 次回作にも期待が高まる。